いろんな機関に聞くプロが配置されています

以前ハローワークで職業相談員をしていました。失業して相談に来る人の中には鬱状態の人も少なくありませんでした。むしろ「こんなにいるのか!?」と
驚くくらいでした。
状態としては少し改善されてから来るケースもあれば、今まさに鬱状態で本人の自覚が無いケースもあります。いずれにせよそのような状態ではなかなか
就労することが厳しいと思われ、仕事の相談に入ることが出来ないのです。
そのため最近では主要ハローワークに専門のカウンセラーを配置するようになっています。彼らは仕事の相談は出来ませんがカウンセリングのプロです。
彼らが主に行っていることは仕事上での愚痴や不満、悩みをひたすら聞くことのようです。いわば聞くプロとも言えるでしょう。
でもそこで徹底的に想いを吐き出すことで状態は結構改善されます。そうして出来るだけフラットな精神状態に近づけた時点で、我々が仕事の相談に応じる
仕組みを取っていました。
自分の経験からの印象ですが、鬱になる人は責任感が強いのかなかなか悩みを人の相談しないように思います。そのため抱え過ぎてしまって潰れてしまって
いるのではないでしょうか。カウンセラーに数回話を聞いてもらうだけで表情が見違える人を見ていると、もっと早くに弱音を吐いていたら仕事を失わずに
済んだのに、と思ってしまいます。
ハローワークに限らず今はいろんな機関で相談できる場所がありますので、一歩動いてみるだけで大きな変化に出遭えるのではないでしょうか。